ご報告

私たちが提供するエンソフィックレイヒーリングモダリティ。

それは、宇宙からもたらされたピュアなエネルギーを用いています。

何と言っても、この療法は、根源の光によって行われます。

そして、それは単なる手当療法を超えて『人間本来の正しい生き方』へと私たちをいざないます。

病は氣からという言葉にあるように、どんなに病気を治しても、考え方や生き方が変わらないと、また同じような病気になるということはよく耳にするのではないでしょうか。

一方で、病院ではもう治らないと言われたり、余命を宣告された人が、その後、自分自身と深く向き合い、考え方や生き方をあらためると病氣が消えた、という奇跡のような話も耳にされたことはないでしょうか。

病院で働いている人は、このことをよくご存じだったりします。

エンソフィックレイヒーリングモダリティは、宇宙の変わることがない叡智《形而上学》が土台にあります。

そして、エーテルやオーラ、チャクラ、マグネティックといった人間のからだの構造を理解したうえで、どのようにすれば、本来の生き方に戻れるのか、また、どのようにすれば、その人の痛みや苦痛が緩和されていくのか、といったことを長年かけて研究してきています。

こういう理論と実践にもとづいた療法をお届けしています。

そして、その形而上学をさらに極めていくのが、アルケミーです。レオナルド・ダ・ヴィンチや二コラ・フラメル、パラケルススは有名な錬金術師です。

アルケミストたちが行っていたのは、鉛を金に変えるだけでなく、自分自身の変化変容を起こしていたのです。

実はそれがもっとも難しく、そしてこの人生をかけて行うべきテーマです。

なぜなら、自分自身が世界を創り出しているからです。お釈迦様は、菩提樹の木の下でその悟りを得られました。

すべては、自分が創り出しているということ。今、目にしていることはすべて幻想のようなもので、その答えは内側にあるということ。

そこで、瞑想の重要性を深く説かれたのです。

『瞑想の不足は無知をもたらし、瞑想は智慧をもたらす』と。

今や、なんでもお手軽の時代になってしまっていますが、瞑想はお手軽にはできません。

そんなものは瞑想でもなんでもなく、単なるリラックスにしかすぎないのです。

自分自身の世界観を拡げる、自分の内側に抱えていた闇をすべて手放し、完全なる静けさとつながる。

そこに瞑想の醍醐味があり、そうなれたときに、宇宙のすべてと私たちは繋がっていけます。

実はエンソフィックレイヒーリングモダリティは、このような状態で行うからこそ、ピュアな根源のエネルギーを扱うことができます。

さらに、アデプトプログラム、ヒーラーズアカデミー、といった錬金術を起こす学びを通過していく毎に、そのパワーが強くなっていきます。

中でも、ガイドは最高峰です。と言っても、ガイドになってからも、ますます鍛錬が求められます。

自らを常に正しい状態に置く、自分勝手なルールで生きるのではなく、宇宙の法則、神の法則に照らして活動していくことで、そのエネルギーを保持できるのです。そのための方法もたくさん学び、実践していきます。

このたび、そういうことを行えるガイドの仲間が、エンソフイツクレイキステーションからもたくさん誕生されました。

全国各地のステーションのヒーラーさんがガイドになったのです。今まで、近くには、ガイドがいなかった地域もあり、アデプトプログラムと呼ぶ『形而上学入門』を受けるのも難しい状況でしたが、そういう地域のガイドさんも誕生されています。

お近くで受けられるようになると、より一層チャンスが増えますね。

まずは、エンソフィックレイキ、もしくはエンソフィックレイヒーリングモダリティで、私たちが提供させていただいているヒーリングがどれほど素晴らしいかを体験してみてください。

そして、そのうえで、各地でお話しを聞いてみてください。

全国各地で、たくさんの方が変化されています。こんなに人が大きく変わる場所は他にはないと思っています。

それは、表面的な変化や金銭的な変化だけではなく、完全な心の豊かさ、充足感も指しています。

これほどまでに自分自身の内面から満たされるものはないと確信しています。

出会えたらラッキー。受けられたらラッキー。ほんとそんな感じです。

かつては、完全に秘密とされていました。契約のあるレオナルド・ダ・ヴィンチのような人しか受けられなかったのです。

今やだれでも人生にアルケミーを起こすことが可能になっています。

あなたの人生も大きく変化・変容させてみませんか。

あなたが変われば、あなたのまわりの世界も変わっていきます。それがまたすごいミラクルを起こしていきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次