浜松ステーション

メインセラピスト エトワール華

はじめまして♡

「魂のツアーコンダクター」Étoile 華恋です

太陽星座・射手座の性質らしく、『外国・異文化』に幼少期から強い憧れをもっていました。幼児英会話講師やドイツ🇩🇪での日本語教師を経て、海外ツアーコンダクターとして、文字通り世界を飛び回る生活をしていました。そんなある日父の死が私を『目には見えない世界』へと導きました。

そして、海外と日本を行き来する合間にスピリチュアルな学びをスタート。いつしかヒーラーになっていました。実際の旅のツアーコンダクターであると同時に、人生を「旅」とするならば、それは人の人生を進化成長へと導く「魂のツアーコンダクター」である。

そんな思いが込められています♡

/
Étoile 華恋とは…ワーキングホリデーで1年間暮らしたフランスParis 。印象に残る言葉、エトワール【凱旋門】はフランス語で星を意味します。
輝きで人を照らす…エンソフィックレイヒーリングも光レイの光線により人に癒しをもたらします。

/
浜松市のサロン

東海道の中間地点にほど近い場所にある静岡県浜松市にサロンがあります。浜松市は日本で晴天率が高く、また冬場は『遠州のからっ風』と呼ばれる風の強いところです。そのため世界的に知られる楽器メーカーが集まり、音楽の街としても知られています。

歴史的には『徳川家康公』が29歳から45歳までの17年間を浜松で過ごした地であり、「出世城」で知られる『浜松城』はじめ家康ゆかりの場所が点在し、地名などにも名残があります。

浜松市を中心とした、東海エリア
浜名湖の西側、愛知県岡崎三河方面から、東は天竜川を越えた磐田・袋井市・静岡市からもクライアント様が高速道路を利用されてお越し頂けるサロンとなっています。

浜松市は名物として『うなぎ』『浜松餃子』などが有名です。遠州灘の海、浜名湖と北側には山々が続く風光明媚な地へ遊びにいらしてください。

私とエンソフィックレイキの出会い

エンソフィックレイキとの出会いは、まだ私が一年のその大半を海外で過ごす日が多かった頃、お世話になっていたガイドさんから受けました。その時は他のセッションと並行していたため、実体験は正直あまり分からなかったのです。

しかし、姉の義父が病になり、姉は習得したばかりの『エンソフィックレイキ』を何度も施術した時、治ってしまった!と聞いたので、すごい効果をもたらすものだ…と認識していました。

その後、次に何を学ぼうか?と考えた時、たまたまお世話になっていたガイドさんにお声かけを頂き、習得しました。

それから、半年が過ぎた頃

自分の身体に異変が起こりました。

顔左側半年が動かなくなってしまったのです。

それは『顔面神経麻痺』(ラムゼイハント症候群(Ramsay Hunt syndrome)人口10万人当たり約5人が発症する,ベル麻痺についで多い末梢性顔面神経麻痺と言われましたが、のちにおそらく私のケースはベル麻痺だったのでは、との見解でした)

幸い発見が早く、お医者様のご判断もあり、即入院となりました。私は動かなくなった左半分の顔、この現実をどうしたらよいか?病室でそう思った時、同じヒーラーである姉が『エンソフィックレイキヒーリング』ができるお仲間に声をかけてくれ、皆さま方がお忙しい中、顔も知らない私に対して何度も遠隔でエンソフィックレイキを流してくれました。

退院する頃は、まだ左半分顔が動かないまま。お医者様からは、回復は早くて「3ヶ月から半年くらい」と説明がありました。

この先どうしようか?という思いと同時に、きっとこの「エンソフィックレイキ」のヒーリングが奇跡をもたらしてくれるのでは…心のどこかでそう信じている自分がいました。

それは現実になり、ヒーリングを通して劇的な回復したのでした。退院後の最初の外来の日、担当医の先生が「これは驚きです!こんなに早く治るのは例外です!素晴らしいですね、良かったですね」と仰って下さいました。その時エンソフィックレイキを皆さまが流して下さったからだ…と感謝の気持ちが溢れてきました。

因果関係や個人差もあるかと思います。

しかし、私の場合はエンソフィックレイキの効果を実体験するために(笑)⁉️起きたの(笑)と言うくらい、その効果を感じる体験をしました。

その後、初めて体験されたクライアント様から

「なんだか分からないけれど、ビリビリきたのは、あれがそうだったの?」と言われ、一般の方でも実際に感覚として捉えられる方もいらっしゃるのだと最近感じています。

エンソフィックレイキは肉体だけでなく、性癖などにも応用ができるので、このツールでどんどん世の中の人たちに変化をもたらしたい、必要な方々にお届けしたいと思っております。

どうぞよろしくお願い致します。

山梨ステーションで受けられるメニュー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次