宇宙の根源の光線

エンソフィックレイキは、宇宙の根源《エンソフ》の光線を用います。

もともと、レイキとは
レイ=光線、エンソフからの光線
=氣、エネルギー 
です。

つまり、エンソフ《宇宙の根源》からの光線をエネルギーとして受け取って流すということです。

レイキをこの世に紹介された臼井甕男先生が最初に受け取っていらしたものが、エンソフィックレイヒーリングモダリティという一連のメソッドです。

それは、2000年ほど前にイエスキリストが用いた奇跡のヒーリングと同じエネルギーシステムです。

イエスキリストは、「当時伝染すると思われていた重い皮膚病を患っている人に対して、優しくふれただけで皮膚が元の健康な状態へと変わった」、「目が見えないでいた人の視力を回復した」など、数々の奇跡を起こしています。

レイキは、エンソフィックレイヒーリングモダリティの一部です。

世界で最も知られたヒーリング

レイキは手当療法として世界で広く知られています。その数は、世界に実践者(プラクティショナー)が1000万人と言われるくらいです。実際、海外に住んだことのある人ならご存知だと思いますが、街の中で『REIKI』と掲げた看板を見ることはそう珍しいことではありません。

その発祥が日本であることも世界的に知られています。
ところが、日本ではそれほどレイキが知られていません。レイキの発祥が日本であることを知っている人はさらに限られています。

海外では医療機関でもレイキが利用されています。がん治療における症状の緩和や回復、副作用の軽減の補完治療として利用されていたりします。

日本には戦前、プラクティショナーが数多くいました。ですが、いつしか日本には誰もレイキができるプラクティショナーはいないということになっていました。そのため、海外に広まったレイキが逆輸入の形で日本に戻ってきました。

残念ながら、世界に広がったレイキは、様々な形態に変化してしまいました。エネルギー的にも実践方法も過去から継承されているところもあるようですが、世界にどんどん広まる中、簡単なものへ、あるいはさらに複雑なものへと変化してしまいました。それで、レイキを経験した方の中には「それほど効果がわからない」と言われる状況も出始めました。

そんな中、日本古来のレイキを取り戻そうという活動が始まりました。ただし、その日本古来のレイキですら、手当療法の域を出ることはありませんでした。

臼井先生がもともと受け取っていたレイキは手当療法ではありませんでした。それは、イエスキリストが行っていた奇跡のヒーリングと同じシステムです。しかし、そのシステムすべての内容を公開するには時代的に受け入れられなかったのです。それで、当時、流行っていた手当療法のようにして伝えるに留まったのです。

レイキは単なる手当療法ではない

世界に広がったレイキですが、残念ながら、そのどれも手当療法としてしかレイキをとらえていません。

しかし、レイキは単なる手当療法ではありません。

それは、レイキを世に紹介した臼井先生がどのようにしてレイキを取得することになったのかとも関係しています。臼井先生は、生きる目的に対してとても真摯な人でした。

「人間はなぜ生きるのか?」

「人生の究極の目的は何か?」

そして、最終的に “安心立命で生きること”が、人生の究極の目的であるという見地に立たれました。安心してイキイキと毎日を生きること。すなわち、いろいろなことが人生に起きたとしても、心は静まり目の前のことに感謝して生きられる状態です。まさしく、それは、のちに仏陀と呼ばれる釈迦族の王子ゴーダマシッダルッターが菩提樹の樹の下で得た、空海が室戸岬で得た悟りの状態です。
臼井氏は、この究極の生き方を自分のものにし、完全なる悟りの境地に立つためにある場所で山籠もりをされました。そして、ついにその秘密を受け取りました。その時に臼井氏にこのモダリティを教えたのが二人のマスターです。

臼井氏は、そこで宇宙のエネルギーシステムを整える方法を学びました。その後、日本各地でこのヒーリングを行うと、その名がまたたく間に広まったそうです。人々があまりに臼井氏に対して畏怖の思いで褒めたたえるため、臼井氏はそそのことに対して抵抗を感じたそうです。臼井氏は、本当に心が綺麗な人だったため、過大に人々から扱われることを心配しました。そして、モダリティの一部だけを公開することにし、レイキと呼ぶパートだけを実践しました。

誰もが知るように、人間は、本来、スピリチュアルな存在です。物質だけを生きていると錯覚していると、物質だけではない領域に触れることができません。実際にはさまざまなエネルギー構造が私たちのまわりに存在しています。そのため、肉体に直接ふれなくても、からだがポカポカしてくるとか、からだの奥の方まで緩むという経験をされます。

エンソフィックレイヒーリングは、肉体だけでなく、スピリットのからだやたましいのからだにもアクセスします。そのため、奇跡のようなことが起きると思われています。ですが、人間のからだについて形而上学《メタフィジカルサイエンス》の観点から理解していくと、至極当然のことです。こうしたことは、今ですら、ようやく理解する人が増えてきましたが、まだ信じる人は限られています。臼井先生の生きていた100年前であれば、なおのこと信じる人は皆無に近かったのではないでしょうか。

エンソフィックレイヒーリングは、受けるクライアントさまが信じていても信じていなくても効果にそれほど差はありません。ここが素晴らしいところです。そういう理解がなくても、からだが軽くなったとか、精神的にずっと囚われていた悩みが嘘のように感じられなくなったとおっしゃっていただいています。

エンソフィックレイヒーリングモダリティ

その本質は、安心立命という生き方をしていくことです。

エンソフィックレイキを取得するには、安心立命とはどのようなものかをメタフィジカルサイエンス(形而上学、物質を超えた科学)の立場で学び理解を深めます。

プラクティショナーにこの理解があるからこそ、奇跡のように思えるヒーリングを行うことができるといっても過言ではありません。

形而上学に裏づけされたヒーリング

エンソフィックレイヒーリングは、単なる感覚的なものではありません。それは、形而上学という高度な学問にもとづいて説明されています。

  • 人間の脳の仕組みがどうなっているのか、右脳と左脳のバランスでどのような問題が起きるのか。
  • 3つのからだ(肉体、たましい、スピリット)を健康にする五戒の秘密
  • カバラ的理解と安心立命
  • 病感、病腺
  • 人間に備わる自然治癒力、浄化の仕組み
  • 施術をスムーズにする浄心呼吸法
  • 遠隔が行える形而上学的な理由
  • 性癖とは◯◯の問題
  • からだの問題はすべて◯◯から起きている
  • 右脳と左脳が招く生き方
  • どちらのルーティーンを選択しているのか
  • コンフォートゾーンの仕組み
  • 本質的な問題に対処する方法

ここにすべてを紹介できませんが、これらの理解をもとに実践を積んだプラクティショナーが提供することで、エンソフィックレイの効果を安定して提供できます。

エンソフィックレイキステーションで担当させていただくスタッフは、全員、十分なトレーニングを積んだプラクティショナーです。また、定期的に技術を磨くトレーニングやアチューメントも行っています。そのため、安心して受けていただけます。

お近くのステーションで体験していただけます。どうぞ試してみてください

白金高輪ステーション、小金井ステーションでは、エンソフィックレイキを習ってみたいという方の養成クラスも開催しています。


もっと学んでみたい人へ。

エンソフィックレイヒーリングモダリティは、エンソフィックレイ協会にて学ぶことができます。

エンソフィックレイ協会とは

PAGE TOP