エンソフィックによるレイキステーション始動します!

もうかれこれ一年以上前から、“レイキ道場”という言葉がやってきて、エンソフィックレイキを広める道場のようなものを作りたいという思いに駆られてきました。

いろいろな人に、いつかその夢を実現させたいという思いを伝えていました。「実現したら、お手伝いします」と心強い返答をもらったり、「私も一緒にやりたいです」と言ってくれる仲間がいました。

それから月日が流れ、新型コロナが世界中に広がる中、やっぱり、レイキ道場をやりたいという思いがふつふつと湧いてきました。
外出自粛宣言が解けてから、レイキ道場の場所を探しました。
できたら『路面店でやりたい』という思いがありました。ネットで見るだけでなく、不動産屋さんにも行って、あちこちの物件を見て歩きました。
何日も、何日も探した結果、いまひとつピンと来るところが見つからず、「あれ?今じゃないのかな…」とも思ったりしました。
それで、光のハイアラキーと相談してみました。すると、「一人で頑張らない」というメッセージでした。そうか…。一人で必死になって探して、どうしよう、どうしようとやっていたのを手放したほうがいいんだ、と思いました。
誰か仲間とお金を出し合って、どこかでやるのかな、とも思いました。
結局、今ある場所で仲間を募って動き出そうと思いました。

その後、エンソフィックレイキの仲間の皆さんに呼び掛け、一緒に「レイキ道場」をやりたい人を募集しました。
一気に15人近くの人たちが集まってくれました。
自分のサロンを貸し出していただける人も募集しました。
お2人から協力しますと快くサロン提供を申し出ていただきました。
なんと、お2人とも路面店、もしくは一階です。
「えぇぇぇぇ~!!」
ほんとびっくりです。
こんな形で夢が実現するとは、と思いました。

その後、スタッフの皆さんと何度かミーティングを行いました。
私たちの使命や目標、そして、どんな風にやっていくかなど…。
こうした話し合いを重ねる中、「道場って名前がついていたので、自己鍛錬の場と勘違いしてました」とか、「自分には荷が重いと感じたのでおろしてください」と、何人かのメンバーが離脱されました。
そうして最終的には10人のメンバーとなりました。
このメンバーと共に、これから出航です。

名前を新たに、「レイキステーション」と名付けました。
このネーミングは、利用していただくお客様にとって、ここが宇宙ステーションのように、肉体の疲れや精神の疲れを解放してまた元氣に毎日を送っていただけるエネルギー補給の場所になれば嬉しいと思って、この名前を付けました。

皆さまの健康、そして、安寧のために、このステーションを活用してください。いつでも笑顔でお帰りをお待ちしています。
長く愛されるステーションになれるようスタッフ一同努力して参ります。

関連記事

PAGE TOP